レムリアの地、屋久島

文字にしないといけないと知っていながら。

春分の頃のお話。

 

宇宙新年という春分の頃、

 

真那井神社で、音が神様・・・天への愛の表現で

喜んでくださる祝福であることを

ストンと知ってから。

ライアーをつくることにしました。

春分に屋久島で。

 

 

そして、屋久島で春分の日。

ストンと知ったことが2つ。

 

ひとつは、このタイミングに、屋久島・宮古島などの沖縄あたりに

呼ばれてきている必要な人たちがいること。

山登り目的であっても、観光目的であっても

必要な人が来ていたこと。

 

そして、ここはレムリアの地だった。

説がどうか、地図がどうか、的外れであったとしても関係なくて。

そうだ、とストンと知った。

レムリアの地だったんだ。

どういう形態だったかわからないけど

沖縄あたりまで、日本のこのあたり。

それで、このとき、この地に、いる人たちがいる。

 

 

もうひとつは。

文字にしないといけないとおされる内容なのですが

自然。大地。が、助けを求めています。

もう、本当に動いてほしい。行動に移してほしいと切望しています。

わたしたちは、大地を守るために、地球ガイアを護るために

この地にやってきた。

それを忘れ、毎日の日々の悩みや喜びや欲望に翻弄されて

視野は自分の足元だけになっているわたしたち。

遠く大きな宇宙からそらから、この地球をまもるために

発されたSOSに応えるために、降り立ったわたしたち。

そのために来たわたしたちが、動かなければどうなるだろう。

もう本当に動かなくてはいけない。

 

わたしの涙が川をつたい、海を伝って

想いが覚醒が、ひろく人々にひろがっていくように

目覚めていくように

発信することをしないといけない。

厳密にはいけなくはない。

そう、望んでいることに応えるかどうかは、わたしたちの意志。

 

何ができるか。どう動こうか。

まず文字にしてみよう。

まず口に出してみよう。

自分の使うものを、生活を、みなおし、すぐに改めよう。

 

微力は無力ではない。

 

そして、もう少し大胆に動こう。

 

祈りも有効。とても有効。

みなの意識は広がりをもって、伝染をする。

決断しよう。

 

わたしはガイアのために働こう。

 

 

0 コメント

2016年。

10日の新月から明るく大きな陽がさしてきました。

 

2016年を、今後を、どうしていきたいのか

 

しっかりと心決まっていなかった方には

 

そこを問われるための事柄が

 

色んな形で訪れたはずの12月冬至ごろから10日新月。

 

 

上を向いていく、と決めた時点から

 

こちらがわたしの方向、と心と身体の底から

 

震えるほどに体感したら

 

3次元の身体がその方向で動き出します。

 

 

 

年初に訪れた眞名井神社。

 

その地の波動に合わせることで、不要なものを認識させ

 

そこに意思が加わることで

 

不要なものは必要な祝福へと形を変えさせてくれます。

 

 

 

年末に訪れた天河神社。

 

「人の祝福のあるところに、祝福が在る」

 

神主様の素晴らしいお人柄と力が

 

天河の祝福をつくっておられました。

 

 

 

 

 

神は人の敬により威を増し

人は神の徳によりて運を添ふ

         ‐御成敗式目‐

 

 

 

美しい音色を差し上げることが天と地の輝きとなります。

 

人の歌、奏でる音色、ひとりひとりにできることがあると感じます。

 

微力は無力とは違う。というどこかで見た言葉。

 

今年の、今後の、方向性を身体に浸透させて

 

世界へ宇宙へあふれ出るほどに。

 

0 コメント

Bloghajime

Blog no ohikkoshi

続きを読む